旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

居酒屋

ゆったりと落ち着けるちょっと古めかしいおでん店 いしむら(中央区舞鶴)

  2017/10/12   ※記事公開時の日付です

食事ではなく時間を味わうお店 両サイドに派手な看板が出ているので、 ちょっと気づきづらいかもしれない。 でも、見逃さないで。 「おでん」と書かれた赤ちょうちんが営業のしるしだ。 古めかしい戸や壁が ゆったりと落ち着かせてくれるこの店では、 夜の定食が …

続きを読む

ゆったりと落ち着けるちょっと古めかしいおでん店 いしむら(中央区舞鶴)

続きを読む

お昼の定食は2時間だけ!舞鶴で味わう居酒屋ランチ 居酒屋 天(中央区舞鶴)

  2017/09/07   ※記事公開時の日付です

たった20席だけ、たった2時間だけ 最近はまっている 「居酒屋ランチ」シリーズ。 今回は舞鶴にある居酒屋「天」。 席数はたった20という小さなお店だ。   ちなみにランチは 11:30~13:30の2時間だけ。 ビジネスマンに合わせているの …

続きを読む

お昼の定食は2時間だけ!舞鶴で味わう居酒屋ランチ 居酒屋 天(中央区舞鶴)

続きを読む

「普通」でいてくれてありがとう。居酒屋「酒一番」 「酒一番」(博多区中洲)

  2017/08/30   ※記事公開時の日付です

中洲の夜はドキドキする。お店選びもセンスを問われそうだ。ソワソワ。 そんな私の気持ちを察してか、職場の先輩が案内してくれたのは居酒屋「酒一番」。 看板に「安心して飲める店」と書いてある。なら安心だぁ。ここは入るしかないでしょう。 1階は全席カウンター …

続きを読む

「普通」でいてくれてありがとう。居酒屋「酒一番」 「酒一番」(博多区中洲)

続きを読む

店を見た目で判断するな。舞鶴「でん」の洋食ランチ。 でん(中央区舞鶴)

  2017/08/10   ※記事公開時の日付です

和の雰囲気を醸す洋風居酒屋 でん! でん!でん! バス停「舞鶴一丁目」から 駿台方面に少しばかり歩くと現れるのが「でん」。     外観は”古き良き”というか、”いとをかし”というか、 そんな建物ですが、 実は、和食の店ではありま …

続きを読む

店を見た目で判断するな。舞鶴「でん」の洋食ランチ。 でん(中央区舞鶴)

続きを読む

経営者を招いて100%安心な店(前編)

  2016/08/26   ※記事公開時の日付です

舌の肥えた経営者を夕食にアテンドしなければならないとしたら、あなたはここ福岡でどの店を選ぶだろうか。 おそらく食に関しても海千山千である。ある意味、デートよりも頭を悩ませる相手ではないだろうか。絶対に間違いない店を3店、紹介する。 極上の食材だけを使 …

続きを読む

経営者を招いて100%安心な店(前編)

続きを読む

昼酒を謳歌できる貴重なうどん屋 釜喜利うどん(中央区大名)

  2016/08/24   ※記事公開時の日付です

昼酒はあなたが考えるほど簡単ではない。明るいうちから飲めばいいと思うかもしれないけど、事はそう単純じゃないのだ。 たとえばアルコールを摂取するのが目的ならば、家の冷蔵庫のチューハイを飲めばいいし、博多には角打ちもある。 それじゃ、あまりにも寂しいとい …

続きを読む

昼酒を謳歌できる貴重なうどん屋 釜喜利うどん(中央区大名)

続きを読む

福岡でたぶん最も高級な居酒屋「博多 田中田」 博多 田中田 博多本店(中央区清川)

  2016/08/24   ※記事公開時の日付です

支払いは一人15000円程度を覚悟しておいたほうがいい。それでも田中田は居酒屋である。 価格の書いていないメニューを開けば、最高級の和牛ステーキや、きんきや赤ムツの煮付けといった超高級メニューに目を奪われるが、よく見るとほら、「山芋お好み焼き」「明太 …

続きを読む

福岡でたぶん最も高級な居酒屋「博多 田中田」 博多 田中田 博多本店(中央区清川)

続きを読む

すごいお通しシリーズ第四弾 客をもてなす癒しのスープ ビッグヘビーキッチン(中央区警固)

  2016/02/09   ※記事公開時の日付です

ほっとする料理、と言えばおふくろの味「みそ汁」。洋食文化が進んだ今では、「スープ」と答える人もいるかもしれない。 警固1丁目の「Big Heavy Kitchen」は外装も内装も木づくりで、和食店のようにも感じるが洋食店にも思える。カウンターには焼酎 …

続きを読む

すごいお通しシリーズ第四弾 客をもてなす癒しのスープ ビッグヘビーキッチン(中央区警固)

続きを読む