旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

和食

美野島商店街の重鎮はほっこり優しい味だった かどや(博多区美野島)

はじめまして、美野島! 美野島商店街に一歩足を踏み入れると、 そこにはあまり見慣れない光景。 元祖博多の台所である美野島商店街は 昭和の町並みがプンプンします。 (平成生まれなので昭和の町並みなんて見た事ないのですけれども。) うん、古いぞ! 大正時 …

続きを読む

美野島商店街の重鎮はほっこり優しい味だった かどや(博多区美野島)

続きを読む

デブの無法地帯「春月庵」の“無限そば” 春月庵(博多区博多駅前)

飲食業界には「アイドルタイム」というものがある。 お客の少ない時間帯(大体14時~16時)のことを指し、この時間を休憩時間にしている店は多い。 しかし「春月庵」は違う。 アイドルタイムが最も繁盛しているのだ。 なぜなら14時~16時までの2時間は、そ …

続きを読む

デブの無法地帯「春月庵」の“無限そば” 春月庵(博多区博多駅前)

続きを読む

気さくで陽気な博多の鮨、今宵も幕を開ける美食劇場 やま中・本店(中央区薬院)

鮨屋が好きだ。鮨そのものも好物ではあるが、鮨屋という空間が好きだ。それは「総合芸術としての鮨屋」と言い換えてもいい。だとして、ぼくが博多で一番だと考えるのは「やま中」である。 やま中は劇場である。建築家・磯崎新氏が設計した建物は、コンクリートウォール …

続きを読む

気さくで陽気な博多の鮨、今宵も幕を開ける美食劇場 やま中・本店(中央区薬院)

続きを読む

福岡でたぶん最も高級な居酒屋「博多 田中田」 博多 田中田 博多本店(中央区清川)

支払いは一人15000円程度を覚悟しておいたほうがいい。それでも田中田は居酒屋である。 価格の書いていないメニューを開けば、最高級の和牛ステーキや、きんきや赤ムツの煮付けといった超高級メニューに目を奪われるが、よく見るとほら、「山芋お好み焼き」「明太 …

続きを読む

福岡でたぶん最も高級な居酒屋「博多 田中田」 博多 田中田 博多本店(中央区清川)

続きを読む

千円札一枚でちょい旅気分 古民家カフェのヘルシーランチ 日和日(中央区今泉)

大名から薬院へ抜ける上人橋通り。この辺りではチェーン店はほとんど見かけず、店主ひとりで営む個性的な店によく出会う。 日和日は通りから一本路地へ入ったところにある。表のベンチには赤い布が敷かれ、番傘が立てかけられている。 初めて見たときには、 「茶屋だ …

続きを読む

千円札一枚でちょい旅気分 古民家カフェのヘルシーランチ 日和日(中央区今泉)

続きを読む

天ぷらに白飯。 赤坂にある老舗で一息つきましょう。 天安(中央区舞鶴)

古い店が好きで、見つけるとふらりと立ち寄りたくなる。とは言うものの、見つけてすぐに立ち寄るような勇気はなく、何回か前を通っては窓から中を見てみたり、戸を開けたお客の様子を伺ったり、ひと思いに扉を開けないのが情けないといえば情けない。中には、数年来気に …

続きを読む

天ぷらに白飯。 赤坂にある老舗で一息つきましょう。 天安(中央区舞鶴)

続きを読む