旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

奥永智絵

福岡のカフェ文化を牽引するCAFE SONESはパーフェクトだ。 CAFE SONES(中央区薬院)

個人経営のカフェがほとんどなかった1998年にオープンし、 福岡のカフェ文化を牽引してきたCAFE SONES。 行く度に好きなところが増えていきます。 初めて食べたこれはおいしいぞ、とか。 今日の音楽は落ち着くなぁとか。 お客さんたちが笑いさざめく …

続きを読む

福岡のカフェ文化を牽引するCAFE SONESはパーフェクトだ。 CAFE SONES(中央区薬院)

続きを読む

満席の韓国料理店にいたポーカーフェイスのマドンナ 辛世界の真豚奈(中央区天神)

来夢来人(らいむらいと)や歩絵夢(ぽえむ)のような 読み仮名つきの当て字店名に漂う、 どうしようもない昭和っぽさ。 少しのダサさ。 一周回っての愛しさ。 そんな店が北天神にもあった。 「辛世界の真豚奈」、しんせかいのまとんな。 チゲやタッカンマリ、ビ …

続きを読む

満席の韓国料理店にいたポーカーフェイスのマドンナ 辛世界の真豚奈(中央区天神)

続きを読む

中洲ラプソディ 點心世界跡にオープンした辛麺界のオアシス 博多辛そば SADAKANE(博多区中洲)

8月に中洲大通り沿いにオープンした「博多辛そば SADAKANE」。 店名に「辛」の文字が入っているくらいだから スタンダードで辛いのだと予想されます。 では、どれだけ辛いのか。 そして私はどこまでいけるのか。 引き戸を開ける。 清潔だ。とても。 ( …

続きを読む

中洲ラプソディ 點心世界跡にオープンした辛麺界のオアシス 博多辛そば SADAKANE(博多区中洲)

続きを読む

3大タイ料理をいっぺんに味わえる“とくとく”ランチ タイ料理店 ドゥワンディー(中央区薬院)

3連続タイ料理店投稿に続いて今回もまた。 今年の夏はとことんタイ料理を食べ尽くそう。 そんな決意を胸に秘め、行ってきました薬院の「ドゥワンディー」。 テーブル席とカウンター席がずらーっと並び、広々としています。 入り口には仏像やお花の装飾があり、 テ …

続きを読む

3大タイ料理をいっぺんに味わえる“とくとく”ランチ タイ料理店 ドゥワンディー(中央区薬院)

続きを読む

さすが大名のブランジュリーはしゃれとらす。 EPID'OR(中央区大名)

大名からベーカリーがなくなっていた。 愛すべきボンジュールが閉店してから。 この場合の「大名」は西通り沿い以外を指しています。 だから大名の真ん中で「パン食べたい」とパン愛を叫んだ場合、 最も近いのは岩田屋や西鉄グランドホテルのル・プティパレだったん …

続きを読む

さすが大名のブランジュリーはしゃれとらす。 EPID'OR(中央区大名)

続きを読む

子連れで行きやすい日本料理店でサービスに感動。 日本料理 花万(中央区渡辺通)

盆や年末年始、法事に、家族・親戚とのちょっとした集まりがあると 「どこに行こう」と迷います。 品が良く、個室がある、和食の店。 ゆとりがあって、がやがやしない。 食事の品数が多くて高齢者に喜ばれるベーシックな料理。 お子様ランチもあればなおよし。 ラ …

続きを読む

子連れで行きやすい日本料理店でサービスに感動。 日本料理 花万(中央区渡辺通)

続きを読む

夏はいつまで? 夏限定のグリーンカレー冷麺は二度オイシイ ラーンガンエーン(中央区大名)

サワディカー。 今日はタイ料理店の夏限定メニューを紹介するわ。 「夏限定」がいつまでかって? マイペンライ、太陽に聞けばわかるさ。 ここのところ3回連続でタイ料理をレポートしている、 なんてこともマイペンライ。夏だもの。 「私、フードファイターみたい …

続きを読む

夏はいつまで? 夏限定のグリーンカレー冷麺は二度オイシイ ラーンガンエーン(中央区大名)

続きを読む

5~11月のみオープン! 福岡イチ小さなタイ料理店 博多カオマンガイ 万国屋(中央区大名)

福岡イチ狭い店なんじゃないだろうか。 なんせ店内は2人カウンター&2人テーブルの4席のみ。 しかもゴールデンウィークの時期から11月までしか開いていない。 さらにタイ国認定レストランである。 小さくて期間限定で味わいはお墨付き。 希少価値がいくつある …

続きを読む

5~11月のみオープン! 福岡イチ小さなタイ料理店 博多カオマンガイ 万国屋(中央区大名)

続きを読む