旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

和食

狙いはタイムセール!節約&健康おむすび大作戦 峠の玄氣屋(中央区大名)

  2017/03/27   ※記事公開時の日付です

    ※閉店しました。 2月に大名にオープンした「おむすび専門店」 福岡市内に数店舗あるこのお店。   胚芽米や玄米のコロンとしたおむすびは 小さい見た目とは裏腹に、歯ごたえがしっかりしているので 1~2つ食べると十分 …

続きを読む

狙いはタイムセール!節約&健康おむすび大作戦 峠の玄氣屋(中央区大名)

続きを読む

そこのポテサラ野郎、女王様にひざまづけ!ひざまづくのだ! 釜めしビクトリア(中央区天神)

  2017/02/10   ※記事公開時の日付です

  老舗の釜めし専門店 福岡市中央区天神のど真ん中にある新天町商店街。 その一角に1954年創業の「ビクトリア」はある。 福岡で初の釜めし専門店だ。   釜めしなのに「ビクトリア」。   女王でもないのに「ビクトリア」。 …

続きを読む

そこのポテサラ野郎、女王様にひざまづけ!ひざまづくのだ! 釜めしビクトリア(中央区天神)

続きを読む

久々でした、こんなに満足度の高いランチは。 たか松(早良区室見)

  2017/01/05   ※記事公開時の日付です

地下鉄室見駅近く、明治通り沿いにある「たか松」は「この店を知ったことが嬉しい」と感じる割烹です。のれんをくぐると、そこは車の往来が多い表通りとは別世界。重厚感がある空間にカウンターがすらっと奥へと伸びています。そのカウンターの天板はガラスでできていて …

続きを読む

久々でした、こんなに満足度の高いランチは。 たか松(早良区室見)

続きを読む

デブの無法地帯「春月庵」の“無限そば” 春月庵(博多区博多駅前)

  2016/09/24   ※記事公開時の日付です

飲食業界には「アイドルタイム」というものがある。 お客の少ない時間帯(大体14時~16時)のことを指し、この時間を休憩時間にしている店は多い。 しかし「春月庵」は違う。 アイドルタイムが最も繁盛しているのだ。 なぜなら14時~16時までの2時間は、そ …

続きを読む

デブの無法地帯「春月庵」の“無限そば” 春月庵(博多区博多駅前)

続きを読む

気さくで陽気な博多の鮨、今宵も幕を開ける美食劇場 やま中・本店(中央区薬院)

  2016/09/07   ※記事公開時の日付です

鮨屋が好きだ。鮨そのものも好物ではあるが、鮨屋という空間が好きだ。それは「総合芸術としての鮨屋」と言い換えてもいい。だとして、ぼくが博多で一番だと考えるのは「やま中」である。 やま中は劇場である。建築家・磯崎新氏が設計した建物は、コンクリートウォール …

続きを読む

気さくで陽気な博多の鮨、今宵も幕を開ける美食劇場 やま中・本店(中央区薬院)

続きを読む

実直という言葉が似合いすぎる鮨屋 寿司割烹 「開」(中央区薬院)

  2016/09/06   ※記事公開時の日付です

ふと「きれいな鮨が食べたいな」と思ったとき、「開」の暖簾をくぐる。満席のこともあるし、そうでないこともある。予約がとれない店でもおかしくない実力を持ちながら、常連さんを大事にして、地道に営業を続けている、そんな感じが、とても好ましい。 カウンターに座 …

続きを読む

実直という言葉が似合いすぎる鮨屋 寿司割烹 「開」(中央区薬院)

続きを読む

創業42年の「なか庄」で味わう老舗鮨店の魅力と実力 なか庄(中央区今泉)

  2016/09/05   ※記事公開時の日付です

「なか庄」は鮨と昼酒にひたるのに最適の店だと、個人的にはそう思っている。福住の創業者、河野貞雄会長に連れて行ってもらったのが初めてで、そのときが昼食だったからというのもあるのかもしれない。 カウンターに座ると、まずは何か酒のアテをもらう。ご主人に尋ね …

続きを読む

創業42年の「なか庄」で味わう老舗鮨店の魅力と実力 なか庄(中央区今泉)

続きを読む

福岡でたぶん最も高級な居酒屋「博多 田中田」 博多 田中田 博多本店(中央区清川)

  2016/08/24   ※記事公開時の日付です

支払いは一人15000円程度を覚悟しておいたほうがいい。それでも田中田は居酒屋である。 価格の書いていないメニューを開けば、最高級の和牛ステーキや、きんきや赤ムツの煮付けといった超高級メニューに目を奪われるが、よく見るとほら、「山芋お好み焼き」「明太 …

続きを読む

福岡でたぶん最も高級な居酒屋「博多 田中田」 博多 田中田 博多本店(中央区清川)

続きを読む