旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

たまには健康的にランチ。中洲川端駅すぐ「ブルックリンパーラー博多」のコブサラダ ブルックリンパーラー博多(博多区下川端町)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  2019/11/17   ※記事公開時の日付です

気持ちの良い休日のランチは

土曜の朝7時過ぎ。ベッドの中から窓の外の光を浴びて、朝の冷たい空気に触れる。その冷たさで冬の訪れが近いことを感じながら、ブルーの電気ケトルでコーヒー1杯分のお湯を沸かす。コポコポと音を立てるのとほぼ同時に、旅先の沖縄で買ったドリップパックを開ける。漂うコーヒーの香り、深呼吸をひとつ。雲ひとつない気持ちの良い朝だった。

 

シャワーをして、髪を乾かして、手早くメイクをする。出かける準備を済ませると、コートを羽織り、歩きやすいレザーのスリッポンを選んで家の扉を開ける。

 

こんなに健康的な朝を迎えると、ランチでも不要なものは摂りたくない。50年代のジャズが流れる店内でメニュー表を開き、コブサラダをオーダーする。朝コーヒーを飲んだから、セットのドリンクはアイスティー。すばらしい朝の記憶は、香りも温度もそのままに。

コブサラダが来た

コブサラダ(920円)。ドリンクとバゲットがつく

 

エビ、スモークチキン、トマト、アボカド、Mixビーンズ、オリーブ、ブルーチーズ、ボイルエッグ、クルトン。1種類ずつ食べてもいいし、数種を組み合わせて味の変化を楽しんでも良い。9種類だから組み合わせの種類は……なんて計算はやめよう。

 

エビとアボカド、チキンとエッグ。どれを組み合わせても決して悪いようにはならないのが、コブサラダの最大の魅力だと思う。魅力というか利点というか。組み合わせのことを考えていると、頭がけっこういっぱいになってくる。

 

スパイシーなドレッシングのコクに、オリーブオイルのフレッシュな香り。あとは気の赴くままに、フォークを片手にもりもりと食べる、食べる、無心で食べる。

 

バゲットのとんがりと親指のとんがりが似すぎている、というどうでもいい気づき

 

ハンバーガーを頼んだ隣のおじさん、フライドポテトを頬張る向こうのおばさん。コーヒーに山ほど砂糖を入れてるそこの20代女子よ。「私はあなたたちより健康的だよ」なんて、束の間の優越感に浸りながら。

※記事の内容は取材時点のものです。

安永真由

ライター/ディレクター

ラーメンやうどんなど麺類を愛する。ほかにはカレー/卵料理/純喫茶/洋食/古い店/お酒全般。辛いものを食べるときは汗だくになります。

 

■店舗情報

店名 ブルックリンパーラー博多
ジャンル カフェ、バー
TEL 092-283-5622
住所 福岡県福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレイン1階
交通手段 地下鉄中洲川端駅直結
営業時間 10:30~23:00
定休日 不定

関連記事
Related article