旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

【まとめ】夏を迎え撃つ!「う」のつく食べ物 福岡市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  2019/07/24   ※記事公開時の日付です

 

すでに夏バテの気配を感じています。

 

このままではかなり危ない。

今週末7/27(土)の土用の丑の日に、しっかり精をつけたいところです。

江戸時代から広がったとされる「丑の日に『う』のつくものを食べると縁起がいい」という風習に習って今年こそ夏バテ知らずでいるぞ!

外せない、夏の風物詩

夏のスタミナ料理の代表格と言えばやっぱり「うなぎ」。

「う」のつく食べ物のなかでも、これが最強な気がする。

 

 

元祖本吉屋 本店
江戸時代から天然うなぎの産地として栄えた柳川で、当時から変わらず伝統の味を受け継いで300年。うなぎのせいろ蒸し発祥の店でもあります。

特せいろ蒸し (5000円)

うなぎ処 山道
うなぎ処 山道」は宮崎県日向の「山道養鰻」の直営店舗。

提供されるうなぎは「ひむか山道うなぎ」ブランドの最高級品です。

うな重 (3600円)

 

つきよし
「お酒を飲みながらうなぎを」なんて粋なひと口を味わうならここ。

表面をカリッと焼き上げられ、身はほわっほわです。

うなぎ白焼(900円)

つるっと食べて、精をつける

福岡で「う」のつく食べ物と言えば……やっぱり「うどん」。
涼夏にぴったりな冷やうどんがいいな〜

 

うどん日和
行列のできる六本松の人気店。

アボカドと海老天ぶっかけ(710円)

店オリジナルの「アボカドと海老天ぶっかけ」はインパクト抜群です!
レモンを絞ればさっぱりとサクうま〜〜

 

冷やし山かけ(700円)

松島
山いもとウズラの生卵、出汁、ワサビ、ネギ、一味をマゼマゼしてずずっと。
あ、「う」のつくものが2つも入っている!

 

饂飩おおた
春吉の人気和食店「食堂えぶりお」の店主がオープンしたうどん店。

ツヤがあり、のどごしの良い平たい麺が特徴です。

「明太かまたま」に温玉をトッピング(670円)

「う」のつく食べ物の連想ゲーム

「うなぎ」、「うどん」のほかにも

「梅」「牛」「馬」「烏龍茶」「ういろう」などなど。

思いつくだけあげても美味しそうなものばかり。

 

食の細くなる時期にこそ食べたい、スタミナ&涼夏飯がそろいます。
週末は食べまくるぞ〜

新本菜月

ライター

福岡に越してきて2年目。「食後には甘いものを」をモットーに新たな甘味を求め、今日も生きる。夢は巨大プリンの中で泳ぐこと。すいすい。ぱくぱく。

関連記事
Related article