旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

【迷子注意】ようやく辿り着いた! 草香江の一軒家カフェ 茶苑 黒文字や(中央区草香江)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  2019/05/04   ※記事公開時の日付です

このカフェに行った人のSNSには例外なく、
「わかりにくい」「やっと行けた」という
ワードが並んでいます。
「わかりにくい」と言われると余計に気になる。

気になっているのに探しても見つからず、
時には駐車場に迷い込んだり、小道に入り込んだりして
「今日もわかんなかったわ…」と独りごちたこともありました。

ようやくたどり着いたその場所「茶苑 黒文字や」は、
音、眺め、インテリアとすべての環境が好みで、
とっておきの場所にしたいと思えるカフェでした。

行かないことには始まらない!まずは場所

まずは場所です。マップで見たらこう。

民家の周りをうろうろし、コインパーキングに入ったことも。


住宅地に店があります。
しかも、民家を改装して店舗利用しているので
周囲の民家にまぎれてしまってわかりにくい。

この一方通行を入ってください。



そして、ここの小道を入ります。



周囲の景色を入れるとこんな感じ。小さな看板も出てますよ。


すれ違うのもちょっと気を使いそうな
狭い小道の先にのれんをかけた店があります。

やっと行けたー!という感動が……。


緑×古民家×クラシック

店内は黒が基調でシック。

テーブル6卓と、カウンター6席があります。


元の民家を生かした吹き抜けのつくりで、
上を見上げると……

味のある梁が渡されています。


そして窓の外を見やると……

通路に植え込まれた緑が生命力にあふれていて清々しい。


ゆとりのある空間で植栽に目を遊ばせ、
流れるクラシックに耳を傾けていると
いつもの日常が遠くに感じられます。
自分に集中できる空間とでもいいましょうか、
「ここに私はいるんだなぁ」と実感するんです。
ああ、不思議。とってもくつろげました。

ランチもスイーツもお酒もなんでも

驚いたのは、メニューの幅広さです。

ドリンクはブレンド珈琲(500円)やオーガニック珈琲(550円)
カフェラテ、抹茶ラテ(各550円)、お抹茶(和菓子付き600円)
など書き切れないほどある上に、アルコールも楽しめます。
サッポロビール(650円)やグラスワイン(白・赤、600円)で
休日の昼下がりをゆっくり過ごす、というのも良いですね。

食事はランチやスイーツのほか、
上記のお酒に合うピザ(800円)やフライドポテト(550円)
などもあります。
佇まいはカフェ(茶苑)だけど、それだけにとどまらない
こういう意外性がとても好きです。

久しぶりに運ばれてきた皿を見て歓声を上げました

デザートは本日のケーキセット(ケーキと和菓子の二種盛り、800円)
わらび餅セット(750円)、抹茶パフェ(800円)
黒蜜きな粉パフェ(800円)などがあります。

黒文字セット(和菓子やケーキの三種盛り、900円)。


レアチーズケーキにベリーのソース、
わらび餅、抹茶アイスにあんこと黒蜜を添えたのが
盛り付けられています。

和洋スイーツの競演です。


わらび餅は中に抹茶のあんが入り、もっちもち。
これだけ食べたいな、とも思いました。
レアチーズケーキはさっぱり爽やかな風味で
ベリーの酸味が初夏を思わせます。
抹茶アイスとあんこと黒蜜は鉄板です。
生クリームもちょっとつけたらなんてリッチな
味わいなんだろう。一皿でいくつも楽しめる。

そしてこちらが米粉の特製パンケーキセット(和風、900円)。


10㎝強のパンケーキが2枚くらいくるのかな、
と思っていたらこのビジュアルでびっくりしました。
皿の上がパンケーキでいっぱいだ!

抹茶味のパンケーキ。低糖質志向が喜ぶ「米粉」です。


さらに黒ごまアイスと黒蜜、あんこ、生クリーム、
フルーツが添えられています。
生地はふわと軽やかで、もっちりとした引きもあり
とても楽しい食感でした。
黒ごまアイスとあんこをのせたら、もう…もう、もう。

もちろん、コーヒーだけという利用もできます。

クラシック珈琲(500円)。おかわりは250円で可能。


浅煎りでふわっとした柔らかさのあるコーヒーでした。
しかも、マグカップにたっぷりの量。
このマグカップも一人一人違っていて
そういう気遣いも嬉しいものです。

出がけに背後の人が食べていたランチを見てしまい、
今はランチが気になって仕方ありません。
土鍋ハンバーグとかメンチカツとかオムライスとか。
ああ、店を探していた時も、今も、
ずっと気になり続ける存在なのです、黒文字や。

奥永智絵

ライター・エディター

福岡市で活動するライター・エディター。週6アルコールと週イチカレー、月イチの行きつけ行脚ができれば幸せなアラフォーです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■店舗情報

店名 茶苑 黒文字や
ジャンル カフェ、喫茶
TEL 092-726-6358
住所 福岡市福岡市中央区草香江1-7-41
交通手段 地下鉄六本松駅から歩いて5分、西鉄バス草香江から歩いて1分
営業時間 10:30~19:00
定休日 月曜

関連記事
Related article