旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

3月限定!ヒルトン福岡シーホークのカナディアンフードフェア ヒルトン福岡シーホーク(中央区地行浜)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  2019/03/02   ※記事公開時の日付です

ヒルトン福岡シーホークが3月限定の「カナディアンフードフェア」を開催。

 

2月25日の試食会をレポート!

そもそもカナダ料理って何?

意外とメニューが浮かばないカナダ料理。

 

メープルシロップのイメージはあるけれど……

 

そんな「カナダ初心者」でも大丈夫。

 

今回のフェアはカナダ出身のシェフが監修していて、本場の味そのままのメニュー約40種をそろえます。

 

ずらりと並んだメニューたち

 

できる限り食材はカナダから取り寄せています。

 

そのためにカナダ領事館も関わっているとか!

 

7~8kgはあろうかという牛肉が!

 

ドン!と焼かれているのは「カナダ産リブアイロースト」。

 

あっさりした脂のアンガス牛を6~7時間焼いています。

 

マッシュポテトも忘れずに

切るとこんな感じ。

 

しっとり柔らかく、1枚2枚と手が止まりません…!

 

 

切り株の上にちょこんと

 

こちらは「メープルシロップ風味のダブルスモークベーコンとポテトのサラダ」。

 

サラダとベーコンににメープルシロップ!?と思いましたが

 

意外にも燻製の香りとシロップがマッチしていました。

 

常にアツアツです。

 

大鍋に入っているのは「イーストコーストシーフードチャウダー」。

 

広大な国土を持つカナダは、地方によって郷土料理が大きく違います。

 

こちらは東海岸でよく食べられるスープなんだとか。

 

白い四角は…?

 

「プーティン」はグレイビーソースとチーズがかかったフライドポテトで、カナダの国民的ファストフード。

 

溶けたチーズがポテトに絡みます。

 

パイ生地の下は…

 

挽き肉とジャガイモがたっぷり

 

カナダ出身、5カ国での調理を経験したマーカスさん

 

シェフに実演していただいたのは「トルティエール」。

 

クリスマスなどお祝いの日に食べる料理です。

 

ケベック州のミートパイで、ナツメグ・シナモン・クローブなどのスパイスとジャガイモ、牛・豚のミンチを25分炒め、さらにパイ生地をかけオーブンで25分焼いています。

 

 

スパイシーだけど辛くない。頬張るたびに挽き肉の脂がじゅわ~と広がります。

 

デザートも充実

 

デザートも豊富です。

 

底のココナッツがシャキシャキしています

 

こちらはブリティッシュコロンビア州ナナイモ市のお菓子「ナナイモバー」。

 

チョコレ―トガナッシュとカスタードクリーム、ココナッツクッキーでできたブラウニーです。

 

あ、リスさん!

 

「ピーカンバタータルト」はカナダではもっともオーソドックスなお菓子で

 

スーパーマーケットにも並んでいるのだとか。

 

メレンゲの焼き目にキュン

 

「フラッパーパイ」はカスタードの上にメレンゲがのったパイ。

 

小さいとどんどん食べてしまいます…。ダイエットは明日から。

 

料金

ランチ料金は
平日2000円、6~12歳1900円
土日祝は2300円、6~12歳は1200円。

 

ディナーになると
平日3600円、6~12歳は1900円

土日祝は4100円、6~12歳は2000円です。

 

 

さらに!

毎週水曜はレディースデー価格で、ランチ1800円、ディナー3200円とかなりお得です。

※料金はすべて税抜き、サービス料は入っていません

 

 

この日は普段の半分ほどしかそろっていなかったというのに、それでも大満足です。

 

今までカナダ料理を知らなかったなんて損だなあ……。

 

この日なかった「カナダ産メープル風味のサーモン」を狙って、次はいつ行こうかと考えています。

 

松崎汐里

ライター

スイーツ女子?そんなの関係ねぇ!甘いものよりもお肉。もっと好きなのはお魚!米とおかずの黄金比を求め福岡の街をさまよい歩く。食への思いは誰にも負けない新卒ライター。

■店舗情報

店名 ヒルトン福岡シーホーク 4階ブラッセリー&ラウンジ「シアラ」
ジャンル ビュッフェ
TEL 092-844-8000
住所 福岡市中央区地行浜2-2-3
交通手段 西鉄バス「ヒルトン福岡シーホーク前」すぐ
営業時間 12:00~14:30、17:30~22:00
定休日 なし

関連記事
Related article