旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

お得感がとんでもなく高い「利花苑 大名本店」の焼肉ランチ 利花苑 大名本店(中央区大名)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  2018/12/11   ※記事公開時の日付です

 

 

黒毛和牛の一頭買いで有名な韓国焼肉「利花苑」。ランチだと最高級の和牛の切り落としが、超お値ごろ価格で堪能できる。立地、店のしつらえから言っても、これほどのお得ランチはそうそうない。

 

 

 

ランチを知らずして利花苑を語るなかれ

こんな書き方をすると、ともすれば営業妨害になるのかもしれないが、「利花苑 大名本店」を訪れるならば、何と言ってもランチがお勧めである。

 

いや、ぼくが言っているのではない。福岡市中央区六本松の老舗喫茶店「ひいらぎ」のマスターが、ぼくに教えてくれたのである。

 

「ああ、オフィスは大名ですか。だったら利花苑のランチを試してみてください。肉のクオリティから言って、すごくリーズナブルです。ちなみに食後のコーヒーが飲み放題なんですよ。もちろん、私はいただきませんが……」

 

確かにマスターの言う通り、このコストパフォーマンスは尋常じゃない、と思う。

ランチは3階だが、いっぱいのときに稀に2階に通されることがある。ぼくはこっそり「お金持ち席」と呼んでいる。

 

スペシャルランチもいいけれど、まずは定番の実力を試してほしい。

 

ランチメニューの中から何を選ぶべきか。もし1人ならば「角切りランチ(1100円)」の大盛り(1500円)だ。これで満足できない人は、もう「食べ放題」の店しかないだろう。

 

あるいは2人ならば、1人が「カルビランチ(1100円)」の大盛り(1500円)を注文しよう。角切りとカルビを2人でシェアして食べるのである。なんと贅沢な!

 

じゃあ、大盛りを見てみようじゃないか。

サシの入り方にはバラツキがあるが、そこも魅力。食べる順番を考えながら焼こう。

 

厚さもまちまちなのは切り落としだからだろう。だからこの値段が実現しているのだと思う。

 

ほらね、圧倒されるでしょ。

 

ランチのセットはこんな感じ。

スープ、サラダ、冷奴の味付けは韓国風である。

 

肉の量的にはごはんのおかわりをしたいが、ぼくには多すぎるので、少しずつ食べ進める。

 

サラダ、わかめスープ、冷奴がついてくる。

 

あとはひたすら丁寧に焼こう。いい肉だから、慎重に焼いてください。ほら、話に夢中になったら、焦げる、焦げる。

肉の焼き加減に集中するあまり、焼き野菜を焦がしてしまうこと、ありませんか?

 

ああ、もうそんなにいっぺんにたくさん載せないで。もういい。ぼくが焼きます。あなたはニコニコ食べててください。ね、美味しいでしょ。やわらかいでしょ。肉汁があふれるでしょう?

無料です。ありがたいことです。

食後のコーヒーを飲むか、飲まざるかは、あなた次第だ。

元木哲三

ライター

鶏肉屋の三男として生まれたせいで幼い頃から飲食店が近しい存在で、飲めるようになってからは一日も酒を欠かしたことはなく、立飲みから高級店まで、まあ図々しく呑み喰い語る日々。今日も反省なく喰らう、喰らう。

 

■店舗情報

店名 利花苑 大名本店
ジャンル 焼肉、韓国料理
TEL 092-752-8833
住所 福岡市中央区大名2-3-12 1F
交通手段 地下鉄赤坂駅から徒歩5分
営業時間 11:30~23:00(LO 22:30)
定休日 なし

 

 

 

関連記事
Related article