旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

【チーズ好きが集まる城南区のイタリアン】南チロルの熟成士が仕込む、9種の激レアチーズを食べ比べ Trattoria Cuore/トラットリアクオーレ(城南区・別府)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  2018/10/12   ※記事公開時の日付です

チーズ好きが集まるお店

城南区にあるイタリアン「トラットリアクオーレ」には
福岡中、いや九州各県からチーズ好きが集まるらしい。

 

そんなウワサを耳にしました。

 

 

お店があるのはメインストリートから
奥に入った、裏通り。

 


看板には一言も「チーズ」とは書いていません。

むしろパスタ推し。

ところで、このお一人様セットがお得すぎる。

 

 

ともあれ、今日の目的はチーズです。

南チロルから直輸入。熟成士が仕込む10種をラインナップ

チーズのメニューはこちら。

クロアツンカス、メルス、

テルメンシス、オルシーノ・・・・・・

初めて聞く名前ばかりです。

裏に続きます。

シトラスブルー、オテッロ、

ロルド・・・・・・合計、10種類。

 

このメニューに並んでいるのは

イタリア北部・アルトアディジェ州の
「熟成士」が手がけるチーズなのだそうです。

 

 

熟成士・・・・・・?

 

 

というのは熟成前のチーズや
熟成の浅いチーズを仕入れて

自分の熟成庫で最高の状態に仕上げていく

熟成の専門家だそうです。

 

 

ここに並ぶチーズを手がけた熟成士さんがいるのは

イタリア北部・アルトアディジェ州=南チロル

だいたいこの辺り


オーストリアやフランスにも近いため
他国でつくられたチーズも仕入れているとのこと。

 

なので、一概に「MADE IN ITALY」という
わけでもない。いろんな国のエッセンスが入ったチーズなのです。

小休止。チーズから離れます

チーズを選びながらまずは乾杯。

 

オリーブとドライトマトをつまみに

イタリア・ヴェネト州の白ワイン。

そして、生ハムの盛り合わせです。

こちらはパルマハムです。

チーズ、怒濤の9連発

さて、いよいよ本題です。

最高のチーズを美味しく味わうためには
食べる順番も肝心です。

 

チーズに詳しい、オーナーの奥さまに順番に選んでいただきました。

 

まずはこちら。
ソフトタイプの3種類です。

奥:テルメンシス
ドイツ産のミルクでつくったチーズをワインで軽く洗って熟成させ、バラの花びらをトッピング。

 

右:メルス
「カマンベール ド ノルマンディ」にカルヴァドスを染みこませドライアップルとベーゼルナッツを合わせたもの。

 

左:クロアツンカス
「カマンベール ド ノルマンディ」にドライ洋梨をのせ追熟したもの。

 

どれもクリーミーな味わいと

しっとりとした舌ざわり、そして一つひとつの

特徴的な香りと風味を楽しめます。

続いて青かびタイプです

ユニークなチーズがそろいます。

奥:シトラスブルー
オーストリアのチーズに砂糖漬けのオレンジとレモン、

ベルガモットやシナモン、クローブなどのスパイスと

ピスタチオ、カカオをのせて熟成したもの。

 

右:ブルーロイヤル
オーストリアのブルーチーズにドライプルーン、松の実、カカオとラム酒をまぶしながら熟成させたもの。

 

左:ネロフュメ

中国の高級茶葉「ラプサン・スーチョン」の入った樽で
30日熟成させ、樽から出したあとにスモークしさらに3カ月。

このチーズだけは、ヴェネト州の熟成士、モーロ氏のチーズだそうです。

 

 

とくに好きだったのは「シトラスブルー」でした。

 

ブルーチーズの独特の味わいを
柑橘のさわやかな香りと酸味が包み
見事に調和しています。

 

口に入れた瞬間、鼻に抜ける
ベルガモットとクローブの香り。

 

まるでスイーツを食べている感覚で、うっとりしました。

そして、ハードタイプ


奥:オテッロ
イタリア・ロンバルディア州でつくられる水牛のハードタイプ。
塩気はひかえめでとにかく、まったり濃厚なミルクの味。

 

 

右:ロルド
ドイツのハードチーズです。スコッチ樽で30日以上熟成させて香りと風味をうつしたチーズ。

 

 

手前:ルーチェ
こちらもドイツのチーズ。表皮が黒いのは海藻を織り交ぜているから。
きらりと光るのは金箔です。
というわけで、名前がルーチェ=光。

〆はパスタで

チーズの話ばかりになりましたが
クオーレは一品料理もスペシャルです。

こちらは鶏ムネ肉のバターソテー。

ドライトマトが添えられています。

 

 

こちらは「アーリオオーリオ」

ニンニクと唐辛子だけのシンプルなパスタです。

フレッシュパセリの香りがさわやか。

ぷりんっとしたゆで加減で、スパゲッティをおいしく味わうのは
これ以上ない!と思いました。

 

 

もう一皿、「アマトリチャーナ」です。

中がストローのように空洞になったパスタ「ブカティーニ」を使い
パンチェッタとタマネギのトマトソースがよく絡みます。

 

 

今がチャンス。秋のグルメイベント

帰り際、小耳にはさんだのですが
毎月、第3日曜日にはイベントを開催されていて

昼間からお酒&チーズ好きが集まっているそうです。

10月は28日(日)の 12:00〜21:00

秋のお酒とチーズの組み合わせが楽しめる、と!

 

 

参加はFBページからいけるそうですよっ。

https://www.facebook.com/events/492781334570683/

 

 

古林咲子

はらぺこライター

さっき食べたのにね。なぜだかいつもお腹が減ってしまう。そんな特色を活かして福岡市内のカフェ、バー、居酒屋を転々としている。

 

■店舗情報

店名 Trattoria Cuore(トラットリアクオーレ)
ジャンル イタリアン
TEL 092-823-0141
住所 福岡市城南区別府1-3-15
交通手段 地下鉄六本松駅から徒歩7分
営業時間 11:30~14:00(LO)、18:00~21:30(LO)
定休日 火曜

関連記事
Related article