旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

【7/7オープン】IMSの新店「ローカルデベロップメントラボ」に行ってきた ローカルデベロップメントラボ(中央区天神)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  2018/07/08   ※記事公開時の日付です

食と暮らし×野遊び×ツーリズム

今回ご紹介するのは中央区天神、IMSの3階に7/7日(土)にオープンした新店「ローカルデベロップメントラボ」。
前日のレセプションに参加してきたので、その時の様子をご紹介します!
場所はIMSの3階、エスカレーターを上がって右手側です。


この白い暖簾が目印。

そもそも、「ローカルデベロップメントラボ 」とはなんぞや?

読むときに噛んでしまいそうな店舗名。ろ、ろーかる、でべろっぷめんと、らぼ。
辞書で調べると、

Local=地方の
Developpement=発展、開発
Labo=研究所

なるほど。要は地域発展のための場ってことなのか!
食品のセレクトショップ「&LOCALS」、熊本県多良木町の燻製木材でつくる家「未来工房」、海外旅行者の集客、また来られた方々の長期滞在のためのサポートを行う「VISIT九州」などが参画しています。

写真と共に振り返る

まず暖簾をくぐると目に入るのは「&LOCALS」が手掛ける食材たち。

私の目に真っ先に入ってきたのはこの「おいなりさん」

「瀬戸内 れもん蜂蜜」(140円)「英彦山 りんご蜂蜜」(120円)「雲仙 じてんしゃ飯」(150円)

この「じてんしゃ飯」が気になって気になって。試食しようと思った時にはなくなっていたので断念です。
代わりにネットで調べた情報を。

 

 

自転車飯とは、長崎県橘湾の新鮮なカタクチイワシを原料とした煮干に、島原半島で作られたニンジン・ゴボウ・シイタケなどの具材をあわせた「炊き込みご飯の素」
その由来となったのは昭和2年に島原半島一周自転車競技大会の出来事。地元南串山出身の中村昇選手が2位と約40分もの大差で見事優勝し、南串山の県道沿いの応援は大変なものであった。
このときに作った醤油飯(しょいめし)のおにぎりを、速いという意味も含まって「自転車飯」といった。

 

 

 

ほう。てっきり自転車をこいで、自家発電で炊いたご飯のことかと思ってました。

 

 

規格外野菜を使って食材ロスゼロ

お次はLOSSO。
ここでは規格外野菜(曲がっていたり、傷がついていたりして売れない野菜)を使った定食(980円)が食べられます。

「おむすびが食べたいんだなぁ」とつぶやかずにはいられない。

 

 


一つ一つのおむすび、サラダのドレッシングには九州各地の加工品使われていて、お店で販売もしています。
たとえ色や形がちがっても、スーパーに並ぶほかの野菜と味は何ら変わらない規格外野菜。
むしろ見た目も形もちがう野菜が食べられてラッキー!と思うのは私だけでしょうか。

 

そのほか、規格外野菜×ウイスキー、ジン、酒粕で作った「大人のピクルス」や、トマトジュースよりも濃厚なドライトマトの試食もできました。

 

 

 

また、おうちへお土産で買って帰りたくなるジャムや塩、醤油なども販売しています。


家族でランチを楽しんだり、恋人とお酒のおつまみを選んだり、旅行に来たお友達を連れてきたり、楽しみ方はさまざま。

 

7/7にオープンしています。

誰か、ランチで行って一緒に「おむすびが、食べたいんだなぁ」ってつぶやきましょう!

前田桜子

ライター

自称“踊るライター”。アルゼンチンタンゴと読書をこよなく愛し、酔うとおもむろに「神田川」を歌いだす。和食、洋食、辛いものに甘いもの、何でもござれ。

 

■店舗情報

店名 ローカルデベロップメントラボ(LDL)
ジャンル 食品、カフェ、ツーリズム
TEL 092-738-6620
住所 福岡県福岡市中央区天神1丁目7-11 3F
交通手段 地下鉄天神駅より徒歩5分
営業時間 10:00〜20:00

関連記事
Related article