旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

ここにもあのカウンターが!博多デイトス「三日月屋CAFE」 三日月屋 CAFE 博多駅店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  2018/05/17   ※記事公開時の日付です

出発までの30分

新幹線の改札で1枚足りない、こんにちは私です。

 

今日は出張。お昼は現地で食べようとしていましたが

 

現場が無人駅とガソリンスタンドしかないド田舎だと判明!

 

しかし出発の時間まであと30分。

 

何か食べられるものはないのか……!

 

 

 

デイトスの地下1階にクロワッサン「三日月屋」のカフェが。

 

3月にオープンしたようです。

おひとりさま席

注文し、席につくと。

 

 

おお。一蘭の「味集中カウンター」そっくりの

 

ついたてで仕切られています。

 

 

電源タップもあるし、出発前にスマホを充電させられるのはうれしいですね。

 

荷物は頭の上、というところが電車っぽい。

 

さくっと、もちっと

そうこうしていると、受け取りブザーが鳴りました。

 

 

「サーモン&アボカド&クリームチーズ」(550円)。

 

 

横から見るとこんな感じ。

 

「三日月屋」のクロワッサンは1日書けて発酵させ、生地がほんのり甘いことが特徴です。

 

かぶりつく!と、パリパリ、モチモチのクロワッサンから

 

具があふれ出ます。でもひとり席だから気にしない。

 

タルタルソースは自家製です。柔らかな酸味で甘めに仕上がっていました。

 

 

 

もう一品、「フルーツサンド」(520円)。

 

イチゴ・キウイ・マンゴーに、

 

七分立てのなめらかな生クリームがたっぷり。

 

こちらもあふれでます。

 

スイーツにかけられる粉糖って、見た目を良くするためにあるのだと思っていました。

 

これはクロワッサンのパリパリの表面が甘くなって、パイみたい。

 

別のパンのようでした。

 

 

 

注文から完食まで、15分!

 

この短時間でこんなに満足できる、なんてありがたいお店なんでしょう。

 

 

通常のクロワッサンも販売。

 

サンドイッチもすべて持ち帰り可能です。

 

車内でもう一個、食べようかなあ。

松崎汐里

ライター

スイーツ女子?そんなの関係ねぇ!甘いものよりもお肉。もっと好きなのはお魚!米とおかずの黄金比を求め福岡の街をさまよい歩く。食への思いは誰にも負けない新卒ライター。

 

■店舗情報

店名 三日月屋 CAFE 博多駅店
ジャンル カフェ
TEL 092-432-4300
住所 福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多デイトス 地下1階
交通手段 JR博多駅 構内
営業時間 7:00~22:00
定休日 なし

関連記事
Related article