旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

スリランカカリー入門編 モナラ(中央区清川)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  2018/04/22   ※記事公開時の日付です

スリランカのカレー屋さんはたいてい、“普通”が辛い。

そんな中、モナラの普通は比較的マイルド。
そして比較的入りやすい。
スリランカカリー初心者の方は、まずはこちらから食べてみてはいかがでしょうか。

ローカルの中のグローバル

清川サンロード商店街は、おじちゃんおばちゃんじいさんばあさん、そして外国人がやたらと多い。
飾らない、気取らない、観光客は眼中にない、地元民に愛される商店街です。
サンロードの中にはスリランカとネパール、出てすぐのところにはアジア多国籍系の料理店があり、スパイス好きにはなかなかにアツいエリア。
スリランカ料理のモナラは渡辺通から入ってすぐ左手、クリーニング屋さんとお惣菜屋さんの間の2階にあります。

狭い階段を上るとスリランカアピールが濃厚です。

程よくごちゃごちゃとした店内。

ここはメニューがNo.1


スリランカに限らずインドもネパールもひっくるめて、数多ある現地系のカレー屋さんの中、モナラはメニューの分かりやすさがトップクラス。初心者にも安心な正確な日本語です。
怪しい日本語にクスッとするのも楽しみの一つなんですが、優等生すぎて逆に寂しい。

星3つで日本のカレーの辛口レベルで、プラス50円で星5つに。
17時までのランチメニューにはサラダとデザート、ドリンクが付きます。

ランチならスペシャルモナラセットがお得


かっちりとした真面目優等生のメニューとは打って変わって、テーブルの透明カバーに挟まれた手書きメニューは可愛くポップでゆるフワな雰囲気。きっとかわいい日本人女性スタッフが書いたのでしょう。
店名が入っているからきっと一押しのはず。迷ったらコレ。

サラダは醤油ベースのドレッシング

まずはサラダが来ます。
和風ドレッシングがひたひたで、細めの千切りキャベツがとっても食べやすい。お替りしたいくらいです。

濃厚なマンゴーラッシー


スタッフ募集中のチラシも可愛い。

甘くてスパイシー、スリランカコロッケ

エッグカタリスとは・・・

形とサイズから想像すると、玉子に衣つけて揚げたものかと思いきや、

玉子はハーフ、残りの部分はカボチャベース?
アツアツで、甘さとスパイシーさがあります。なかなか見ない断面ですね。

米とビーフンと、芋。


サフランライスと炒めビーフンに、ココナッツミルクベースの辛めにカレーにチキンとポテト、そして日替わりの大根カレーでした。
ビーフンは香ばしい油をまとってスルスルとほぐれるので、フォークに巻き取ってカレーを絡めて食べます。チキンとポテトは柔らかく、大根はニンニクが効きながらマイルドな優しい味です。
腹持ちがいいこと間違いない、炭水化物トリオ。
辛さは確かに中辛くらいで、ほんのり頭に汗がにじみます。

デザートには謎のプチプチ


デザートはヨーグルトのアイスに、ベリー系のソースがかかっています。
カラフルなプチプチは甘くコーティングされたクミンやフェンネルなどのスパイスのようです。食べたことのない面白い味と食感。

ぜひご家庭でも

スパイスやお茶、調味料などの物販コーナーが充実しています。デザートにかかっていた謎のプチプチも売られていました。

ここもとっても親切丁寧。


モナラの意味はクジャク。
どうりで、ところどころにギラギラしているわけだ。

檜原尚

タイマッサージセラピスト、カレー屋見習い

個人サロン“タイ古式マッサージロータス”を営みつつカレー屋に憧れ、“ヒノキハラカリー”として間借りなどでカレー活動しています。ビールとウイスキーが大好物。目標はタイマッサージとお酒とカレーを融合した店を出すこと。

 

■店舗情報

店名 モナラ
ジャンル カレー、スリランカ料理
TEL 092-521-5565
住所 福岡市中央区清川1-8-8 2F
交通手段 渡辺通駅 徒歩3分(サンロード内)

渡辺通駅から337m

営業時間 11:30~17:00
18:00~23:30
定休日 無休

関連記事
Related article