旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

遅めのランチも昼飲みも! 「AUX BACCHANALES(オーバカナル)博多」でフランス気分を味わってきた。 オーバカナル博多(中央区天神)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  2018/01/15   ※記事公開時の日付です

ボンジュール。

 

ランチのタイミングを逃してしまった週末の昼下がり。
友人と「天神でお茶でも」という流れになったものの、
どこも人が多くて落ち着かない。
そんな時はむしろガヤガヤを楽しもう。

思いついた行き先がここ、大丸本館1階、
パサージュ広場に面する「オーバカナル」です。

東京をメインに全国で数店舗展開しています。
「オーバカナル博多」がオープンしたのは1997年。けっこう古い。

 

料理、インテリア、カトラリーなどすべてがフレンチスタイルで、
店内にいると本当にフランスにいるような気分になってきます。
フランス語のラジオがいつも流れています。

マダムとムッシュ

まずは食事をと思い「クロックマダム」(800円)を注文します。
それから、体を温めるために「ヴァン・ショー(ホットワイン)」(750円)を。

 

「クロックマダム」とは
パンにハムとチーズをのせてトーストした「クロックムッシュ」に
目玉焼きをトッピングした
フランスのカフェやビストロの定番メニューです。

 

意味は「クロック」=「カリッとした」、「ムッシュ」=「紳士」。
対してマダムは「淑女」です。

1910年ごろにパリのカフェで
「クロックムッシュ」が提供されていた記録があるようですね。

 

丸くツヤツヤとした卵の黄身を、お皿にこぼして無駄にしないように
慎重に割って、少しずつパンにつけて食べます。

欠かせないのがマスタード!
コショウも振って味を変えながら楽しみます。

 

おつまみに「ポテトフライ」(650円)も注文しました。

 

忘れちゃいけない「ステーキフリット」

そのほか、フランスらしい定番メニューといえば
「ステーキフリット」(2000円)です。

 

薄い大判のステーキ肉に
コショウとパセリをたっぷりとまぶして、
外はカリッと、少し焦げ目を付けて焼き上げています。

 

「オムレツシャンピニオン(きのこのオムレツ)」(750円)
「ニース風サラダ」(900円)
「シュークルート(キャベツの白ワイン蒸し)とソーセージ」(2000円)
と気になるメニューはたくさんありますが、
「ヴァン・ショー」の後に白ワインを飲みながら
「クロックマダム」をつまんでいると
すっかりお腹がいっぱいになりました。

 

暖かい時期は路面のガラスが外れて
オープンテラス席が並ぶので
「パナシェ(リモナード&ビール)」(650円)か
ベルギービール「ヒューガルデン(生)」(850円)あたりで
乾杯してフランス気分を味わうのがおすすめです。

パサージュ広場を吹き抜ける風で
とても気持ち良いですよ。

 

 

それでは、ア・ビアント!(またね)

 

 

 

※記事の内容は取材時点のものです。

安永真由

ライター/ディレクター

ラーメンやうどんなど麺類を愛する。ほかにはカレー/卵料理/純喫茶/洋食/古い店/お酒全般。辛いものを食べるときは汗だくになります。

 

■店舗情報

店名 AUX BACCHANALES(オーバカナル)博多
ジャンル カフェ
TEL AUX BACCHANALES(オーバカナル)博多
住所 福岡市中央区天神1-4-1 博多大丸福岡天神店1階
交通手段 地下鉄天神駅より徒歩5分。地下鉄七隈線天神南駅より徒歩1分。
営業時間 10:00~22:00(料理L.O. 21:00、ドリンクL.O. 21:30)
定休日 不定(博多大丸福岡天神店に準じる)

関連記事
Related article