旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

【2017-2018】年末年始も開いているラーメン店 中央区・博多区・南区

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  2017/12/27   ※記事公開時の日付です

年越しラーメン&麺はじめ

こんにちは、私です。

 

大晦日は蕎麦よりもラーメンが食べたい。

 

正月はおせちよりもラーメンが食べたい。

 

そんなあなた(というか私)のために、2017年12月31日~2018年12月2日までの間、

 

オープンしているラーメン店を集めました。

元祖ラーメン長浜家(博多区上川端)

★記事はコチラ

 

31日 9:00~翌5:00

  1日 10:00~翌5:00

  2日 10:00~翌5:00

 

写真は「ラーメン」(550円)です。

 

長浜ラーメンのなかでも「家2」と呼ばれる上川端店。

 

100%豚骨スープに塩だれに漬けたチャーシューが特徴です。

 

一年のシメは”ガンナガ”で!

 

麺劇場 玄瑛(中央区薬院)

★記事はコチラ

 

31日 11:30~17:00(L.O.)、18:00~22:00(L.O.)

  1日 休み

  2日 11:30~17:00(L.O.)、18:00~22:00(L.O.)

※各営業時間は、材料切れ次第終了

 

 

その名の通り、スタジアム状の店舗で”魅せるラーメン”を展開。

 

中細ストレートだけれどちょっぴりちぢれた、てろてろ麺がクセになる!

 

写真は「玄瑛流ラーメン」(750円)。

 

「潮薫醤油ラーメン」(850円)や「海老薫醤油ラーメン」(900円)と言った、和食ベースのスープが
初詣で冷えた体を温めます。

 

「トマトラーメンと辛めん 三味」(中央区大名)

★記事はコチラ

31日 24時間営業

1日 24時間営業

2日 24時間営業

 

 

写真は「辛めん」の0辛、中辛、大辛を完食し、

ここまで食べれらたら最凶、さらに「裏最凶」を完食できた人だけが

進むことができる「新世界」(1220円)です。

 

 

※この一杯は本当に危ないので、心してすすってください。

 

初売りに行くことができなくなってしまいます。

 

呼び戻し とんこつ 光四郎(南区大橋)

★記事はコチラ

 

 

31日 昼まで営業 ※なくなり次第終了

  1日 休み

  2日 11:30~15:00、17:30~21:00

 

かつてFBS主催の「ラーメン総選挙」で1位を獲得した「ラーメン四郎」。

 

久留米ラーメンの名店「大砲ラーメン」の香月社長とともに始まった起死回生プロジェクトで、

 

店名は「呼び戻し とんこつ 光四郎」にリニューアル。

 

絹のようなとろみのあるスープを一口そそると、豚肉の香りがガツンと広がります。

 

仕事はじめで元気を出したいときに。

 

大名ちんちん(中央区赤坂)

★記事はコチラ

31日 11:30~17:00

 1日 休み

 2日 11:30~15:00

 

「天神辛メシ総選挙」で見事1位に輝いた「大名ちんちん」。

 

写真は「サンラー麺」(650円)です。

 

酸味よりも辣が際立つ一杯。

 

おせち料理に飽きた舌へ、パンチの効いたスープをぜひ!

 

一蘭 太宰府参道店(太宰府市宰府)

★記事はコチラ

31日 9:00~24:00

  1日 24時間営業

  2日 24時間営業

 

「合格」にのっとった五角形のどんぶりに、五角形の箸。麺は59cm、スタッフの掛け声は「合格です!」「必勝!」……。

 

普通の一蘭とは違う、とことん「合格」のゲンを担いだお店です。

 

31日の9時から3日の21時まで、ノンストップで営業するとのこと。

 

合格祈願の帰りに立ち寄って、合格ラーメンパワーを注入!

 

 

 

どの店で年越ししようか、正月の外食はどこにしようか。

 

全軒ハシゴもアリですね。

 

松崎汐里

ライター

スイーツ女子?そんなの関係ねぇ!甘いものよりもお肉。もっと好きなのはお魚!米とおかずの黄金比を求め福岡の街をさまよい歩く。食への思いは誰にも負けない新卒ライター。

関連記事
Related article