旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

定番から裏メニューまで。夫婦で経営する赤坂のうどん処「松島」で常連さんに紛れてランチ 松島(中央区赤坂)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  2017/12/18   ※記事公開時の日付です

うどんです

今回のランチは、赤坂にあるうどん屋「松島」。
夫婦2人で経営しているお店です。
時代を感じます。

メニューです


なるほど、パッと見は定番ばかりですが……
ん??
気になるメニューが。

「他人」(650円)。
私と松島夫妻の関係を表しているようなメニューですね。
というのも、店内に入ったときから、
松島夫妻はなかなか笑顔を見せてくれず、
少しツンとしているような気がしていたのでした。
もしやツンデレのツンの部分なのか。
後からデレてくれるのでしょうか。
これからぐっと距離を縮めていきたいものです。


カウンターにはこんなものも。
ハートのポップが可愛らしいこのメニュー。
もしかして奥さんが書いたのかしら……。
そんな姿を想像して、そのキュートさに惹かれ
こちらをオーダーしてしまいました。

あのメニューの正体


「肉ごぼう山かけ」(840円)。
牛肉とごぼう天、さらに上に山芋のとろろがかけられた一品です。

太めで不揃いな麺は、松島さん手打ち。
コシがしっかりあるので、博多よりも讃岐に近いうどんです。
少し塩っ気の強いスープも愛おしい。

松島夫人にレンゲを頼むと、
何も言わずにコップの上にサッと置いてくれました。
なんちゅうバランス感覚なんだ。
そしてやっぱり笑ってくれない。


こちらが「他人」です。

牛肉を卵で閉じています。
鳥と卵の「親子」ではなく、牛の「他人」!
なるほど〜と一人納得。

夫人の虜に

やはり私たちはまだ「他人」だからか
松島夫妻の笑顔をなかなか見ることができません。
すると、常連さんらしき人たちがやってきて、カウンターに座ります。
そこには笑顔をふりまき楽しそうに話す夫人の姿が。
笑顔をもらえるようになるには、
まだまだ時間がかかりそうです。

河野彩香

ライター

新卒ライター見習い。マイブームは福岡のカレー店めぐり(ライス推し、たまにはナンも良し)。カレーを求めて日本各地を旅するのが夢。辛いものにも目がなく、飲み会後の”辛麺”は、はずせません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■店舗情報

店名 松島
ジャンル うどん
TEL 092-712-1692
住所 福岡市中央区赤坂1-11-5
交通手段 地下鉄赤坂駅より徒歩2分
営業時間 11:30~15:30、18:00~終了まで(LO.20:00)
(土祝は11:30〜15:00)
定休日

関連記事
Related article