旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

気づいてしまうと頭から離れない店 広東コンテンポラリーチャイニーズレストラン SESSION(中央区渡辺通)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  2017/10/23   ※記事公開時の日付です

かんとんこんてん

こんにちは。私です。

 

 

今日のランチは、「広東コンテンポラリーチャイニーズレストラン SESSION」。

 

かんとんこんてんぽらりー。

 

言いたくなりません?

 

かんとんこんてんぽらりーちゃいにーず。

 

カントンコンテンポラリー。かんとんこんてんかんとんこんてん。

 

クセになってしまいました。

本題はごはんです

ランチを食べにきたのでした。

 

SESSIONは平日と週末でランチ内容が違います。平日は1000円からランチがあるそうです。

 

この日は土曜だったので、スペシャルランチ「”Duo”ランチコース」(2160円)を。

 

まずは「三拼盆 前菜3種類の盛り合わせ」。

「蒸し鶏 ネギと生姜の薬味のせ」

「セロリと干し豚の和え物」

「サツマイモの桂花シロップ漬け」

 

蒸し鶏がしっとりしていて、脂は少ないはずなのにとても柔らかかった。

 

ネギとショウガがたっぷり載っていますが、臭かったりツンとくることはありません。

 

セロリと干し豚、どんな味か不安だったんですが食べやすい!

 

ゴマ油って外すことないですね。

 

サツマイモ、シロップのこってりした感じはなく、これからのメインに向けて口をリフレッシュさせてくれます。

 

 

2品目「板蒸三文腩 サーモンハラミと豆腐の豆鼓蒸し」。

 

 

ハラミが2切れものってる~!!!

 

レアにしてあるので、外はふわふわ、中はとろとろ。サーモンのいいとこどりです。

 

黒い粒は全部豆鼓。豆鼓好きにはたまりません。

 

一粒も残さずいただきました。

 

 

3皿目「三杯鶏 鶏モモ肉の三杯醤煮込み」。

三杯鶏は広州の家庭料理。普通は醤油・砂糖・油でつくりますが、

 

こちらは豆板醤・台湾醤油などを使い台湾風に仕上げています。

 

醤油味なんだけど、甘くて、スパイシー?

 

聞くと、下味にバジルや八角を使っているとのこと。八角だったのかあ!

 

 

4皿目「栗子培根炒飯 秋栗とベーコンの炒飯」。

栗とベーコン!

 

意外と合うんですね。

 

栗は氷砂糖・ワイン・醤油・白酒で甘露煮にしてあります。

 

ベーコンの強めの塩気をやわらげてくれるんです。

 

 

ラストは「杏仁豆腐」。

金と黒と白と赤!

 

見た目がかっこいい。

 

なめらかすぎて、クコの実がどんどん沈んでしまって見えなくなります。

 

途中で食べる派なのに……。

 

 

 

ああ、幸せな休日だった。

 

 

かんとんこんてん、かんとんこんてん。

 

お店の名前、絶対に忘れません。

 

 

松崎汐里

ライター

スイーツ女子?そんなの関係ねぇ!甘いものよりもお肉。もっと好きなのはお魚!米とおかずの黄金比を求め福岡の街をさまよい歩く。食への思いは誰にも負けない新卒ライター。

 

■店舗情報

(撮り忘れたので夜の写真です……)
店名 広東コンテンポラリーチャイニーズレストラン SESSION
ジャンル 中華
TEL  092-732-4444
住所 福岡市中央区渡辺通5-25-18 天神テルラビル 2階
交通手段 地下鉄 天神南駅より徒歩1分
営業時間 11:30~15:30(L.O.14:00) 17:30~22:00(L.O.21:00)
( ディナーコース終了 20:00、最終入店 20:30)
定休日

関連記事
Related article