旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

パンはパンでも穴観音近くのおしゃれなパン屋はなーんだ? Sailer(南区長丘)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  2017/09/06   ※記事公開時の日付です

皆さん、答えはわかりましたか?
実はタイトルのすぐ下に出ているのです。すいません。

私はあまり1人でこういうお店には来ないのですが、
おしゃれなお店も皆さんに紹介するためと思えば(強がり)。
というわけで、寺塚にある「Sailer」に行ってまいりました。


おしゃれな外観に、身構えてしまう私。
とっとりあえず入り口まで。


ぐぬぬ、ここもおしゃれです。
おや、ボードにおすすめが書いてあるではないか。


POPなイラストの中に「ツヴィーベルクーヘン」。
皆さんは、お待たせされていた「ツヴィーベルクーヘン」が気になったことでしょう。難しい名前はどうやらドイツ語のようです。私はその隣のリボンのようなものが気になりました。すいません、ひねくれているのです。これもパンですかね?

では、調査開始です!


扉を開けるとお昼時とあって、さすがの人の多さ。たくさんのパンもお出迎えです。
皆さん、次々にパンを選び取っていきます。私はたくさんの種類から選べなかったので、聞きました(聞くまでウロウロ)。
店員さん、おすすめを教えてください。

すると「プレッツェルがおすすめですよ」とのこと。
どれかなと探していると、入り口のボードと同じものを見つけました。君が「プレッツェル」なのね!

他のパンも一緒にレジへ。そこで隣のカフェで買ったパンが食べられるという情報が。
お願いすると、「では、席までお持ちしますね」と奥に持っていかれてしまいました。

併設されている「カフェクリムト」でヴィエナーカフェ(420円)を注文。

店員さんが持ってくるとき、ホットコーヒーと言っていたのが気になるけれど。

「プレッツェル」(190円)と「ラウゲンシュピッツ」(220円)


まず、気が付いたのはお皿が温かいこと。パンをもっていったのは、温めてくれていたからなのですね!さすがサイラー。
プレッツェルがリボンの状態をお伝えしたかったんですけれど、食べやすいように半分になっていました。ごめんなさい!
見た目こそ堅そうですが、意外とサクフワな触感。振りかけられた塩が絶妙です。ラウゲンシュピッツはプレッツェルと同じ生地と使っており、食感は似ていますが中に明太クリームが入っています。サク、明太、サク。

手前から「ミックスブロート」(210円)と「サイラーキプフェル」(210円)


見た目は入り口のツヴィーベルクーヘンとほぼ同じだけど名前が違います。サワークリームがいいですね。あれ?中身も同じような……
サイラーキプフェルはクロワッサンの上にラム酒のきいたアーモンドペーストがのっています。


カフェにはピアノも置いてあり、毎週水曜(15:00~17:00)に無料の演奏会をしているそうです。今回はパンばかり紹介しましたが、カフェにはケーキやパフェもあるので、食べながら聴くのもいいですね。

調査報告:おしゃれなお店にビビっていた私を、サイラーは温かく迎え入れてくれました。お皿も。難しいドイツ語の名前も、口に出すとかっこいいですよ。

~自宅にて~

「なに買ってきたの?」

「ラウゲンシュピッツとサイラーキプフェルと―」

「よくわからんけど、おいしそうやね」

「・・・」

以上です。また来ます!

星野拓

ライター

見た目は30代、本当は20代な理系ライター。自らの研究対象を料理に変え、福岡の街でフィールドワーク中! 食べるのに夢中で職務を忘れるのが玉に瑕。好きな栄養素は炭水化物とアミノ酸。

■店舗情報

店名 Sailer
ジャンル ベーカリー
TEL 092-551-7077
住所 南区長丘2-1-5
交通手段 西鉄バス「寺塚」停留所すぐ。
営業時間 7:00〜20:00(カフェはL.O.19:30)
定休日 元旦

関連記事
Related article