旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

赤坂「スパイスラボ」に潜入! 独自開発のカレーとは Spice Lab. Boooost!(中央区赤坂)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  2017/08/29   ※記事公開時の日付です

ヒミツの研究室

こんにちは、私です。

 

赤坂に、謎の研究所があるというウワサ……。

 

なんでも、スパイスを独自に調合して次々と魔のカレーを製造しているのだとか。

 

スパイの血が騒ぐ!(前世は美人スパイなのです、たぶん)

 

さっそく潜入しました。

見つけにくいぞ

 

マネキンの横を抜けて。

 

花柄の階段が良い味出してます。

 

二階のつきあたりのドアをあけると「スパイスラボ」です。

 

意外にも明るい店内。

 

おどろおどろしい実験室を想像していたので、ちょっとがっかり。

これが新種のカレーx

メニューはホワイトボードにあるのみ。

 

難解なカタカナが並びます。

 

学者のつける名前ってのはどれもややこしいぜ。

 

教授(店長を勝手にそう呼びました)が教えてくださいました。

 

教授、吉川晃司に似ています。

 

スパイシートマトベジ以外、作るカレーは毎日違うそうです。

 

なくなり次第、また別のカレーを作るのだとか。

 

その他にもなんでも答えてくれました。サンクスモニカ~!

 

自分好みの味を見つけるのじゃ

スコップ型のスプーンでいただきます。

私はスパイシートマトベジ+和風キーマ+エビの冷製ピックル(1300円)。

 

スパイシートマトベジ、意外と強めの酸味ですが嫌な感じではないです。サラサラです。

 

和風キーマはかつおだしとパクチーが合うという新発見です。

 

冷製ピックルですが、冷たいエビのボイルってこんなにうまみが凝縮されるんですね!

 

もっと食べたかった。

 

先輩はチェティナード・チキン+マラハール・プローン+スパイシートマトベジ(1300円)。(難しい)

 

チキンゴロゴロです。スパイスはクローブ?のような、辛いだけでなく複雑な、花のような香り。

 

マラハールのエビも大きいのがブリブリです。

 

ミールスのように、最終的には全部混ぜて食べます。

 

混ぜていくたびにカレーとカレーが混ざって新しい味に!

 

これが化学反応かあ。

 

大学生に戻るなら、ゼミは絶対ここにしようっと。

 

松崎汐里

ライター

スイーツ女子?そんなの関係ねぇ!甘いものよりもお肉。もっと好きなのはお魚!米とおかずの黄金比を求め福岡の街をさまよい歩く。食への思いは誰にも負けない新卒ライター。

 

■店舗情報

店名 Spice Lab. Boooost!(スパイスラボブースト)
ジャンル カレー
TEL 090-8863-8781
住所 福岡県福岡市中央区赤坂1-6-5 松村ビル 2階
交通手段 福岡市営地下鉄 赤坂駅より徒歩5分
営業時間 11:30~15:00、月・水・木・金のみ18:00~20:00も営業
定休日 なし

関連記事
Related article