旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

わたし、見た目ほどやわじゃなくってよ うどん和讃(中央区大手門)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気店「志成」の2号店

荒戸の「平和台ホテル」の看板をくぐって300mほど。
高級感ただよう建物の2階にあるのが「和讃」だ。読みは「わざん」。
人気の讃岐うどん店「志成(しなり)」の2号店として、昨年の1月にオープンした。

階段を上がると見えてくるのは上品な木格子の引き戸。
一見すると、高級な割烹みたいだ。
少々緊張しつつ、がらがらと店内へ入る。
すぐにふわっと飛び込んでくる、かつおだしのやさしい香り。
木目調のテーブルに暖色系の照明があたたかくて、なんだかほっとする。

うどんは全部で6種類。
今回は、店長おすすめの「肉うどん」(700円)を頼んだ。
同店では注文を受けてから麺を茹でるため、出てくるまでに少し時間がかかる。
お客さんに最高のうどんを食べてもらいたいという心意気があるのだ。

福岡市民、おどろきのコシ

約10分後にやってきた肉うどんを見て、思わず「きれいだなぁ……」とつぶやいてしまった。
撮影が下手くそでごめんなさい。実物は本当にうつくしいのだ。
大きめ切られたネギ。そしてお肉。その下から見え隠れする麺。
黄金色にかがやくだしに浸って、きちんと整列しているさまは、
おしとやかな貴婦人のようである。
「おいしそう」なうどんは何度も見た。でも「うつくしい」うどんとは、はじめて出会った。

さぁいよいよ実食。
ひと口食べておどろいたのは、コシの強さ。
なんて芯の強い貴婦人なんだ。
福岡のうどんといえば麺が柔らかいことが特徴。しかしこちらは讃岐うどん。
一本一本にしっかり歯ごたえがあるのだ。
博多うどんに慣れている人は、びっくりするかもしれない。
「こいつ、ばり根性あるやん」と。

しかし、すぐにその魅力に気づくだろう。つるつるとしていてすごく美味しいのだ。
あっさりした出汁も、甘く味付けられた肉と混ざって絶品。
口の中をやけどしても、なおすすってしまう。
気付けばすべて飲み干し、あっという間に完食してしまった。

ちなみにビール、焼酎、日本酒とアルコール類も豊富である。
「天ぷら」や「ご飯もの」もあるので、ちょっと晩酌する場所としても魅力的だ。
仕事終わりにでも、ふらりと寄ってみてはいかがだろうか。

緒方優樹

ライター

甘いのも辛いのも酸っぱいのも酔っぱらうのも、大好き。うまそうなものを見るとついついにやける、まだまだ食べ飲み盛りな平成生まれです!

 

■店舗情報

店名 うどん和讃
ジャンル うどん
TEL 092-406-8030
住所 福岡市中央区大手門3-7-9-1 We大濠公園2階
交通手段 地下鉄「大濠公園前駅」より、徒歩3分
営業時間 11:30~15:30、17:30~23:00(土日祝はランチのみ)
定休日 火曜

関連記事
Related article