旅行や日々のグルメ探訪に!ライターが自腹で本気レビューする福岡のレストラン情報。

完成までに3日!「こんなの初めて♡」と思わず言っちゃうローストビーフ BELLO(中央区平尾)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  2016/10/26   ※記事公開時の日付です

「もう他に浮気はしない! あなただけについていく!」
そんな料理が、人にはいくつかあるはずだ。
「肉デス。ガーデン」に参加する『BELLO(ベッロ)』のローストビーフが、まさにそうである。
ローストビーフの概念が覆されたと言っても過言ではない。

 

BELLO1

程よくサシの入った九州産和牛を1日寝かせ、半日かけて低温でじっくりと火を通す。

そこからさらにひと晩寝かせてようやく「BELLO特製ローストビーフ」(2500円~)が出来上がる。
「外国産を使うと赤身特有の歯ごたえが前に出てしまうし、和牛を普通に使うだけでは脂身が多くなってしまいます。でも、試行錯誤の末にほどよい柔らかさに仕上げることに成功したんです」と店長の浜口さんは自信を持って話す。

その言葉通り、うっとりするほど美しいロゼ色の赤身はしっとりジューシーで、口の中でとろんと溶け出す。

そして思わずこう言ってしまうのだ。「今まで食べたローストビーフは何だったんだろう!」と。「こんなの初めて……!」と。
赤ワインと牛すじを煮込んだ特製ソースとのコンビも最強。もうどうにでもして!

 

さて、そんな“福岡ローストビーフ界”の頂点に君臨する(私の中で)ローストビーフ。

「肉デス。ガーデン」なら1200円で食べられるのです。

 

もう一度言います。1200円です。

 

「そんな大げさな!」と思いながら読んでいるあなたにこそ、ぜひ食べてほしい。

肉×ワイン、王道コンビの神髄ここにあり

ちなみに『BELLO』は自然派ワインが充実していることでも知られる。

店舗に足を運んだ際には「BELLOの肉盛りプレート」(1人前1800円)と一緒に味わってはいかがだろう。

 

BELLO2

 

看板メニューのローストビーフはもちろん、本日のビステッカ、自家製ソーセージといった店のイチオシが一度に楽しめる欲張りなプレートは、赤ワインにぴったりだ。

 

ああ、でも黒毛和牛レアカツもいいし、ローストビーフを使ったガーリックライスもいいし、生ハムも捨てがたい。

つまるところ、ここには身も心もめちゃくちゃにされてしまうほど魅力的で危険な“肉のトップアイドル”たちが集まっているのだ。

 

私を惑わす、罪な肉たちに今宵も乾杯!

 

内川美彩

ライター

あるときはライター、あるときは主婦、あるときはママ……その実態は大盛りハンター。唐揚げと白米に目がない。口癖は「痩せたい」。

 

■店舗情報

店名 BELLO
ジャンル その他
TEL 092-534-3711
住所 福岡市中央区平尾3-1-6 小河ビル1階
交通手段 地下鉄薬院大通駅から439m
営業時間 18:00~24:00頃
定休日 日曜

関連記事
Related article